« 京都の東寺 - ライトアップ開始@2015秋冬 | メイン | 理想の幸福度 - 潜在的な価値観を見つける市場調査 »

爆買いの抑制? - 銀聯カード(ぎんれん)に限度額190万円

まず、基本的な情報として中国人は年間に5万ドル(日本円で600万円ほど)までしか換金できません。
しかし、連日のニュースで「爆買い」が話題になる背景として「銀聯カード」というものが存在します。
このカード口座は人民元を入金しておくことで、海外でも直接自分の口座にアクセスし、現地のお金で
出金することができます。日本でもセブン銀行や三菱東京UFJ銀行などで、とても低い手数料で取り出す
ことができる為、多くの中国人が使用しています。

※クレジットカードの場合、一度USドルに変換し口座に預金を入れ与信がある状態にした上で、使用する
お金のレートで換算します。このため、人民元→USドル→日本円と無駄な手数料がかかります。

銀聯カードには実質的な制限がなかった事から、爆買いを支えるツールとなっていました。また、一方では
日本で中国人相手に個人売買をしている人達(多くが日本在住の中国人)は、お金の受取口座として銀聯
カードの口座を指定していました。これはWeChatというSNS上でも送金手続きができるので、とても便利
でした。月の売上が1,000万円あるような人達もいると思いますので、彼らはその大金を銀聯カードの口座
から僅かな手数料で取り出し、日本円へと換算するのです。それも当然、年間190万円に制限される事にな
りますので、大きな影響が出るものと見られます。

関連@銀聯、国外での現金引き出し制限強化 (日本経済新聞)
関連@中国人“爆買い”にブレーキ? 大人気のカードに引き出し制限、幹部の資金流出を牽制か(産経ニュース)

中国国家外貨管理局は1日までに、約6億人に普及しているという中国の「銀聯カード」を使って海外で
外貨を引き出す際の上限額を、来年1月1日から1枚当たり1年間で最高10万元(約190万円)まで
とする規制を設けることを決めた。現在は1日1万元(約19万円)まで引き出しや決済が可能だが、こ
れに年間の上限を追加する。海外を訪れる中国人観光客の“爆買い”を支えてきたカードだけに、影響がじ
わりと広がりそうだ。


※現金引き出しに制限が設けられるようで、お店での買い物(ラオックスなど)に
制限はかからないもようです。


20160324追記
台湾のキャッシュカード、日本の一部コンビニで現金引き出しが可能に | 経済 |(中央社フォーカス台湾)


台湾の銀行が発行する約4800万枚のキャッシュカードにより、日本のコンビニエンスストア
「サークルK」に設置された約4000台の現金自動預払機(ATM)で日本円を引き出せるよう
になる。

日本円を引き出す際のレートは台湾銀行と同じで、国際クレジットカードに比べて手数料が
50%以上安いという。また、キャッシュカードを使って特約店で買い物をした場合、2%の
キャッシュバックを受けられる。
こちらは、台湾と言うこともあって上限は定められていないのでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shofoo.com/mt/mt-tb.cgi/1206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About