« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月06日

Arduino Duemilanove - Macでオートメーション

Macでもできますが、普段はVistaで遊んでいます。IntelMacに買い替えました。
今回は\3,000くらいで遊べる多目的マイコンの紹介です。


■まず、マイコン(Micro Controller)とは?
いわゆる組み込み式の制御用のコンピュータで、例えば炊飯器に入ってるコンピュータなどのこと。
ボタンが押されたら一定時間通電させ、更に一定時間が経過すると出力を落として保温モードになる
ようにプログラムされています。


■Arduinoとは?
Arduino - HomePage
Arduinoというプログラミング/IC書き込みソフトとマイコンの基盤を総合的に示した表現のようです。
ハード’(基盤)とソフト(プログラミングソフト)の両方がオープンソースです。


■Arduino Duemilanoveとは?
これが、MacでもWindowsでもUSBケーブルで簡単にプログラミング可能なマイコンです。
電源もUSBバスパワーで動きます。


■何ができるの?
Arduino Duemilanoveを使うと、出力側では電源のコントロールなどが制御できます。
他に、入力側にセンサーのような電気信号を発する装置を繋げば、状況に応じた様々な制御を
自動化(オートメーション化)できます。例えば、こんなのが自分で簡単にできてしまいます。
この基盤で「センサーからの電気信号→数値化(デジタル化)→プログラム→出力制御」が可能です。


■他にあった方が良いもの
・USB(プリンタに繋ぐような四角いB型の口)、これは必須
・はんだごて、部品を繋ぐなら必要
・配線ケーブル
・ソケットに刺すピン、あると接続しやすい
・LEDとかセンサーとかボリュームとかレギュレーターとか抵抗とかステッピングモーターとかブレッドボードなど


■購入
スイッチサイエンス/TOPページ
私は他のお店で購入してしまいましたが、このお店だと\3,000以上で送料が無料です。

秋月電子通商 - 電子部品・半導体 【通販・販売】
電子部品は秋葉原にある秋月電子で調達できます。ネット通販にも対応。


■関連
PIC AVR 工作室別館 ”arduinoの館 - arduinoの構成”


■関連(当サイト内)
Arduinoに関する記事一覧
これから関連記事を増やしていきます。

GPSロガーのWBT-201をUSBケーブルでパソコンに繋いで、Arduinoのシリアルモニタ機能で確認すると
次々とGPSの受信座標のデータが転送されているのがわかりました。


// Macでマイコン 自宅でマイコン

2009年07月11日

電気自動車重視だった三菱自動車がパラレルハイブリッド車の開発をスタート

三菱自動車、「パラレル式ハイブリッド」開発へ―「コルト」などに搭載検討|GAZOO.com
三菱自動車が後場堅調・株主総会での電気自動車に関する発言が伝わる - 兜町ライブニュース 投資に役立つ株式、証券ニュース 情報 -ストックステーション
以前にも、シリーズハイブリッド車の発表はありましたが、この度はパラレルハイブリッド車の開発を発表しました。


シリーズハイブリッドとパラレルハイブリッドの違い、またシリーズパラレルハイブリッド
がどのようなシステム構成なのか、以下のトヨタの技術紹介ページに説明があります。
関連@トヨタ自動車:企業情報 > 研究・技術 > 各種ハイブリッド

マイルドハイブリッドは、ホンダのインサイトのようにエンジンをアシストする形で力を発揮するシステムです。
ストロングハイブリッドは、トヨタのプリウスのようにエンジンとモーター両方の最大効率域を活用したシステムです。
マイルドハイブリッドは既存のエンジンのフライホイールなどに付け足せば一応の機能を果たしますが、ストロング
ハイブリッドは全体の構成を見直さないといけないため、また構造と制御が複雑になるため技術的難易度が高くなります。
トヨタとホンダが電気自動車ではなくハイブリッド自動車にこだわるのは、その技術的難易度の高さとブラックボックス化
したバッテリーへの依存を避ける為と言われています。


一方、三菱自動車はハイブリッド自動車の分野でトヨタやホンダと競合するのは無駄と考え、電気自動車への投資を積極的
に行ってきました。しかし、なぜ今の時期になって三菱自動車は電気自動車単独ではなくハイブリッド自動車の投入を狙っ
ているのでしょうか。その理由として、電気自動車が抱える問題があります。
一つは、蓄エネルギーの媒体としてバッテリーの問題があります。iMiEVは公称160km走行@充電となっていますが、現実
的な走行として「前照灯+エアコン+4人乗り+高速」くらいの厳しい条件がクリアできないと、既存の軽自動車に置き換わる
存在としては対抗することができません。そのため、モジュールを小型化し内燃機関(エンジン)とモーターの両方を搭載
したハイブリッド化をしなければ、一般家庭に普及することは難しいと思われます。


プリウスはエアコンの制御においても、最新技術のエジェクターサイクルを利用して冷房のエネルギー効率を50%も改善し
ました。このようにして徹底的に総合的な省エネ化をしたものが、プリウスに代表されるトヨタのハイブリッド車になって
います。各社似たような自動車を出していても、その技術的重みをどこに配置するかで、異なった構成を維持しています。
関連@株式会社デンソー 環境技術開発物「エジェクタサイクル 第1節」
関連@第1回「ものづくり日本大賞」-(株)デンソー


最近では、ベンチャー企業による電気自動車の開発も活発化しています。
欧米の電気自動車関連ベンチャー企業は、モーターやバッテリーなどの主要部品も日本メーカー製のものが多く、大量供給
によるコスト削減も日本企業の規模には太刀打できない状況にあると思います。彼らベンチャー企業は、会社を金融化し高
い付加価値を付けた上で買収させることを目論んでいるため、未だに存在しているベンチャー企業は技術的価値は日本メー
カーに及ばないと予測できます。(技術的価値があったら即買収されている)


トヨタとパナソニックが立ち上げたバッテリー供給の合弁会社は、他の自動車メーカーとは異なりトヨタ側の出資割合が多
くなっています。実務はパナソニックの子会社である三洋が開発の中心を担っているようです。ここにも、バッテリー技術
への影響力(ブラックボックスかを防ぐ為にも)を強めたいトヨタの思惑があると考えられます。

// 電気自動車の将来

2009年07月28日

開発と環境 - 「はかる」ことの重要性

今回の記事は「はかる」ことについて、ちょうど面白い論文があったので紹介します。

調査研究報告:「はかる」ことがくらしに与える影響の研究 - メコン・ウォッチ

印象的な部分を要約すると、東南アジア半島部に位置するラオスはメコン川流域の国で、
中部を流れるメコン川の支流のトゥン川が国土を潤す森と水の豊富な地域だという。ここ
にナムトゥン第2ダムの建設が決まり、完成すると1,070MWの発電能力を持ち、その電力
の95%を隣国のタイに輸出し、売電収入で貧困を削減を目指すという。2005年3月31日に
世界銀行(日本がアメリカに次ぐ第2の出資国)が融資を決定し、事業は動き出した。

ここでポイントなのは「経済開発」ではなく「貧困削減」を目的に開発するという名目が
つけられていることである。ちなみに、1日1ドル以下の生活者を「貧困層」とか「絶対貧
困」と言うらしい。問題なのは、本来は水田・林業・牧畜・淡水魚業で自給的な生活をし
て成り立っていた人々に、「貧困削減」を掲げて半ば強制的に現金を使わせる「グローバ
リゼーションという名の市場化」を押し付け、自由主義(資本主義)経済の市場を広げて
いるという実態だ。それだけでも大きなライフスタイルの破壊であるが、更に多くの自然
環境をも破壊している実態がここにある。しかも、それを後押ししているのが間接的に日
本であることを我々は知っておかなければいけない。ダムが建設されることで一時的な土
木に携わる雇用は創出されるが、持続可能なライフスタイルである従来の自然と一体とな
った暮らしはできなくなる。

事業の進捗状況は年に2度、世界銀行を経由して報告される。当初の目標は「5年間で所得
を倍増する」というものであるため、彼らの貧しさの度合いは所得で決定されることにな
る。しかし、この地域の人々は自給で元来お金への依存度が低かったのが、現金化を強い
られたことで賃金労働をしなければいけなくなった。更に、牧畜や田畑を現金化し手放す
必要にも迫られた。自然だけではなく、そこでのライフスタイルも失った。しかし、それ
は所得という数字に反映されていないのである。

ここに「はかる」ことの落とし穴がある。外部から持ち込んだ尺度で「はかる」ことで、
生活の実態を反映しない評価がなされていることである。かつて、農村の人達が「はかっ
て」いたのは、絶対的なものではなく土地や労働者の事情を反映したものだった。「はか
る」ことは人間社会の内側から発生したもので、単なる物理・化学的な量を示したもので
はなかったということである。

イギリスなどは、なぜあれほど圧倒的な優位な立場に立てたのか、アルフレッド・クロス
ビー氏は「事物を数量的に把握する」ことと関連して理由付けた。ヨーロッパが力を持っ
た背景には「数量化」がポイントである。

P.27から引用 つまり、本研究の問いは「私たちがNGOとして現場でやってきたことって、結局どういう 意味があるのだろう」という疑問であり、 本章で引用した「当事者性」の研究の実践なの である。本章はその問いに対する答えを探すために、研究の世界から座標軸をいくつか借 りたに過ぎない。とは言え、それには十分意味がある。自省を込めて言えば、NGOは独善 的になりやすい。自分たちが正しいこと、良いことをしている、という強い思いに囚われ がちである。自分たちがやってきたことを一歩引いて考えることは、問題解決を志向する NGOとして大切なプロセスなのではないだろうか。

まず、ここまで詳細に研究成果を出しているNGOがあること、また冷静に活動を見つめて
いることが好印象です。

〜続く(追記予定)

// ミレニアム開発目標 環境問題 専門主義 現場主義 価値観 GIS 地理情報システム 計測 測量
// 図る 計る 測る 量る 諮る 謀る 違い 統治 権力

About 2009年07月

2009年07月にブログ「SHOFOO.WEBLOG@*+」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年06月です。

次のアーカイブは2009年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。