« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 アーカイブ

2008年03月02日

タイバイクのマニュアル(PDF)一覧と技術資料

関連@A.P. Honda - タイカブ wave125i スーパーカブ/バイクindex(当サイト内)
↑上のカブのページにもマニュアルのリンクを記載したことがありますが、
今回はとても理解しやすいPGM-FIのtechnic_libraryも見つけたので紹介します。
wave125iのみならず、ありとあらゆるAPHONDAのバイクのマニュアルがPDFであります。
もちろんタイ語だったりします。内容は図と英数字、気合いで判断します。
走行時のリターンシフトと停止時のロータリーシフトを表現する図なんかも楽しい。
日本のカブのマニュアルもホンダのサイトにPDFで用意されています。

APHONDA

BEAT (KBAW) 969 kb
CBR150R (KPPA) 1609 kb
CBR150R (KPPH) 1703 kb
DASH (KBPP) 1483 kb
DASH (KBPM) 828 kb
DREAM (KFMH) 1274 kb
DREAM (KFMK) 1182 kb
DREAM (KFMF) 1312 kb
DREAM (KFMA) 1276 kb
DREAM125 (KPWA) 1308 kb
DREAM125 (KPWL) 1303 kb
DREAM125 (KPWP) 1344 kb
FSX150 833 kb
LS125 (KBAX) 1079 kb
LS125 (KGCA) 1251 kb
NICE110 (KPGG) 1271 kb
NICE110 (KFLJ) 716 kb
NICE110 (KFLL) 746 kb
NICE110 (KPGA) 1148 kb
NICE125 (KPGH) 1463 kb
NICE125 (KPGJ) 1461 kb
NOVA (SONIC_KGHH) 1401 kb
NOVA (TENA_KANX) 801 kb
NOVA (TENA_KANT) 784 kb
NOVA (SONIC_KGHJ) 1497 kb
PHANTOM150 (KFEA) 874 kb
PHANTOM200 (KPKJ) 1386 kb
WAVE100 (KTLH) 1328 kb
WAVE100 (KRSG_T1) 1181 kb
WAVE100 (KTLA) 1261 kb
WAVE100 (KRSG_T2) 1244 kb
WAVE100 (KRSG_T1) 1181 kb
WAVE110 (KFLM) 1179 kb
WAVE110 (KFLF_T2) 1136 kb
WAVE110 (KFLM) 1179 kb
WAVE125 (KPHA) 1202 kb
WAVE125i (KPHX) 1258 kb
WAVE125R (KTMM_T1) 1308 kb
WAVE125R (KTMM_T2) 1557 kb
WAVE125S (KTMF) 1262 kb
WAVEZ (KTLJ) 1310 kb
WAVEZ (KRSH) 1175 kb
WAVEZ (KRSN) 1177 kb
WAVEZ (KTLF) 1231 kb
AIR BLADE(KVGA) 1716 kb
CLICK (KVBH) 1770 kb
WAVEX (KVRM) 1309 kb
WAVE 125X (KVLM) 1434 kb
ICON (KVYA) 1645 kb

---
http://www.aphonda.co.th/honda2006/technic_library/KPHX.ZIPを開くと、
PGM-FIの図解パワーポイントが見られます。
高解像度のwave125iのロゴ画像があったので、透過PNGで書き出してみました。
wave125i_logo.png
たぶん怒られないと思う。。
余っている耐水対光シールペーパーに印刷してみようかな。


wave125i
上記資料の中にあったwave125iエンジン周りのカットモデルの写真です。
中身もきれいなかっこいいデザインです。発電機のコイルは8個あるようです。
ちなみに、普通のカブが6コイルに対して、プレスカブは8コイルとなっています。
コイルの抵抗等も関係して来るので断定はできませんが、意外と発電量は多い
ものと思われます。80W〜くらい発電しているのだろうか。

関連@ホンダネット/東京モーターショー特集 2005
関連@ホンダネット「第37回東京モーターショー特集」


たとえば50ccの場合、四輪のそれに比べて1回の爆発に要する空気・燃料の量は
本当にごくわずかなものになります。その微少燃料・微少空気をコントロールする
ために、スロットルバルブは通常のバタフライバルブではなく30ミクロン単位で動
くニードルにてコントロールしているそうです。このため、スロットルの制御は今
までのアクセルに直結したワイヤーによる機械式ではなく、電子式のコントロール
になっています。
ちなみにWave125iをはじめとしたそれ以上の排気量では通常のバタフライバルブ
なっていました。

キック一回で、エンジンは3回転するのですが、その3回転でエンジンを確実に始
動させなければいけません。
1回転目でPGMのコンピュータが起動し、2回転目で燃料ポンプが燃料に圧力をか
け、3回転目で点火。
この間、わずか0.2秒の出来事です。
そして、その電力はキックすることでクランクと一緒に動くジェネレーターの3回
転の電力のみでまかなわれるということでした。
ただ、これでエンジン始動できて、ちゃんと灯火類も作動するけれどもエンジンの
制御が不安定になり環境性能が低下してしまうため、バッテリーが上がっても普通
に走れるけど、あまりおすすめはできない、とのコメントをいただきました。

wave125iのカットモデル画像があります。技術的な解説も載っており興味深い内容です。

---
http://www.aphonda.co.th/honda2006/technic_library/PGMFI.PDF
電気の回路図みたいなのもあります。配線がわかるので色々遊べそうです。
19ページには、EOT(Engine Oil Temperature Sensor)の写真があります。
20ページの「Bank Angle Sensor」の項には、±5°の誤差で左右55°に倒すと〜と書いてあります。
勝手に「角度を検出して、55°以上車体が倒れると燃料(もしくはプラグへの電力)供給を
ストップする。」と解釈。
23ページには、Injector:インジェクターの写真があります。手に入れた紙媒体のカタログにも同じ写真が出ています。
27ページには、ECM(Engine Control Module):エンジンコントロールモジュールの基盤の写真があります。

この資料には、かなり細部の使用にわたって解説されています。でも、ほとんどタイ語…。

---
MOTORCYCLE TECHNOLOGY(日本のホンダ)には、
新開発 小排気量二輪車用PGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の説明が載っています。

---
Download PDF PDFTown.com | Free Download PDF and eBook
   └──英語ですが、各バイクや車のサービスマニュアルがあります。

---
201007追記
マニュアルのリンクが変わっているようです。インデックスは見つけられませんでした。
例:http://www.aphonda.co.th/technology/manual/wave125i.pdf
車種名のところを変えると他のバイクの資料も見られるようです。

発見!
http://www.aphonda.co.th/technology/manual.html
http://www.aphonda.co.th/technology/PGMFI.PDF


// manual biz cub supercub thailand bike logo wave125iのロゴ engine cutmodel 発電容量 ジェネレーター

2008年03月09日

カブで震生湖に行ってきた

震生湖の動画

震生湖

神奈川県秦野市にある震生湖に行ってきました。
1923年の関東大震災時にできた湖で、流入・流出河川がともにない日本で最も新しい自然湖だとか。(★記事作成時点)

震生湖の隆起?
隆起したような場所の写真

自然に囲まれた静かな小さい湖です。隣にゴルフ場があったり、親子で釣りをしている姿が見られます。

震生湖

10台ほどが収容できる駐車場もあり、上の写真のような船も浮かんでいるので気軽に行って楽しめる場所だと思います。
奥には秦野福寿弁財天があるようですが、そこまでは行きませんでした。
いわゆる沼のような湖ですが、普通の自然にはないような神秘的な気分が味わえます。


関連@震生湖に関する記事一覧(当サイト内)

// せき止め湖 せきとめ湖 地震湖 震災湖

2008年03月18日

wave125i - タイカブの始動音(キック)

wave125iの始動音(キック)

wave125iのキックによる始動音などです。55秒に継ぎ接ぎがあります。
まずキーを回すとFIのポンプ音が聞こえます。次にキック。
50ccのカブに比べて図太い低音で、より大きな爆発をしているのがわかります。
急にグリップを回してもしっかりと回転がついて来ます。キャブ式のカブは掃除を
していないのが原因なのか、急激な操作は燃料の濃度がうまく調整されない感じでした。
アイドリング音を文字で表現するとカブはトットットットット…、
wave125iは加えてペタペタペタペタペタ…と合成されている感じです。

ところで、凄く些細なことに気付きました。ブレーキランプが点灯するように
ブレーキを効かせると、ポンプの音が小さくなるんですね。減速中、もしくは
停止中はFI:電子制御燃料噴射装置(厳密にはポンプ)によるタンク内噴射装置
への加圧が低くなっているのでしょうか。
これも省エネ対策のひとつかな。だとすれば、凄い頑張りよう。

カブと明らかに違う点は、距離計に利用しているタイヤが後輪なこと。
調子に乗ってスタンドを立てて4速に入れて回すと、距離がどんどん伸びます。

関連@A.P. Honda - タイカブ wave125i スーパーカブ/バイクindex(当サイト内)
   └──wave125iの総インデックスページ。

// たいかぶ

2008年03月19日

Windows Vista Service Pack 1を入れてみた

ダウンロードの詳細 : Windows Vista Service Pack 1 (5 言語用スタンドアロン版) (KB936330)

インストール時間は、20時10分〜22時30分の2時間20分、
途中何回か自動的に再起動を繰り返してインストールが完了。

11.4GBのハードディスク空き容量が16.3GBになり、5GB近くも空き容量が増加しました。

コンピュータのパフォーマンスの評価を前後で記録してみました。

プロセッサ:3.9→4.0
メモリ:4.2→4.3
グラフィックス:2.0→2.0
ゲーム用グラフィックス:2.5→2.4
プライマリハードディスク:4.4→4.4

なんとも…。

// レッツノート SP1

2008年03月21日

ホンダ - アメリカでの二輪生産を終了@2009

ホンダ、米二輪車生産を09年春に終了・熊本に集約(日経)

 ホンダは28日、米国での二輪車生産を2009年春に終了すると発表した。米国では1979年に二輪車の生産を開始し、07年はメアリズビル工場(オハイオ州)で大型二輪車などを年4万4000台生産している。今後は熊本製作所(熊本県大津町)に二輪車生産を集約する。
 メアリズビル工場では大型二輪車のほか、四輪車も年間約44万台を生産している。(14:59)

タイでは強化する一方、日本では熊本に集中させ、ホンダの二輪生産の再編が行われています。

関連@ホンダ、米工場の二輪生産終了 急成長に貢献 30年で幕 - MSN産経ニュース

2008年03月22日

秦野 - カブで弘法山に行ってきた

弘法山

3月22日の写真です。
神奈川県の秦野にある弘法山へ行ってきました。
桜はまだ開いていません。


// 春の弘法山 桜

2008年03月28日

ホンダ - タイの全ての二輪車にPGM-FIを搭載、2008年にも新wave125iを投入

今回の記事はカブネタから環境技術、課題先進国まで思いつきで限りなく広げて色んな記事を紹介します。


Honda、タイで全ての二輪車にPGM-FIを搭載(JCNNETWORK)


エー・ピー・ホンダカンパニー・リミテッド/A.P. Honda Co., Ltd. 概要

設立: 1986年3月
本社所在地: サムットプラカン県
資本金: 4千万バーツ(約1.3億円)
出資比率: 本田技研工業(株)16%、Asian Honda Motor Co., Ltd.33% 他
代表者: 社長 櫻井 善次郎(サクライ ゼンジロウ)
事業内容: 二輪完成車及びその部品の販売
従業員数: 約200名
主な販売機種: Wave100/125(100cc/125ccカブタイプ)、Dream125(125ccカブタイプ)、
Sonic(125ccファミリースポーツ)、CBR150R(150ccスポーツタイプ)、
Click(110cc ATタイプ)、Air Blade(110cc ATタイプ)等

意外にもA.P.Hondaは社長が日本人です。少なくとも、どう見てもタイ人ではない名前です。
従業員もコンパクトで資本金は1億円ちょっと。ほとんどがマーケティング要員なのでしょうか。
思った以上に日本法人の影響下にある会社なんですね。


ホンダ、タイのすべての二輪車を環境化(carview)


 PGM-FIは状況に合わせ燃料の噴射を電子制御することにより、主に燃費向上と
排出ガスのクリーン化に寄与する。タイでは、このPGM-FIを搭載し、導入が予定
されている第6次エミッション規制値に適合し、従来のエンジンに比べ最大15%の
燃費向上と出力向上を両立した新エンジンを搭載した新モデルの投入を今年中に
予定
している。この新モデルはタイの二輪車で初めて、E20(エタノール混合率20%
のガソリン)対応も可能となっている。

 ホンダは、1967年にタイでの二輪車生産を開始し、2007年9月末にタイでの二輪車
生産累計1500万台を達成。2003年8月にはタイで初めてとなるPGM-FI搭載モデルの
販売を開始
している。今回の試みにより、タイ二輪車市場で環境性能に優れたPGM-FIを
全車種に搭載することで、環境負荷低減へ
の取り組みをさらに加速させていくという。

2008年にも更にエンジン回りが改良された新wave125iが投入されるとのこと。燃費の向上だけにとどまらず、
出力向上も両立していると明記されている
のが気になります。単純に出力を減らして環境対策をしましたよ、
という表向きの改善とは違い、本物の技術革新
ですね。日本国内でも排ガス規制が強化されるので、今度は
より厳しい環境基準が達成されていないと輸入できないようです。一時的に中古のwave125iを買って正解でした。
次にwave125iを買うときは国内の規制もクリアしているタイプが手に入るかな。
でも、カブ系ゆえに壊れない→乗り換えにくいのが最大の強みであり悩みでもあります。最新技術が次々と投入
されるカブ系に熱いタイは、ニュースを追うだけでも楽しみです。東南アジアにおいて、こんなにも早く全車に
FIが浸透するとは想像できませんでした。それだけ、大気の問題は生活に密着したもので現地の人達も大きな影響を
受けるのでしょう。また、wave125iに搭載された小型の二輪車用のFIが実用上問題ない機能・耐久性を達成できて
いることを証明しているのではないでしょうか。全車種なので、同時にdreamも新型(FI化)になると考えられます。

一方、国内のカブは、いつの時代にも普遍的なデザインである点が特徴的なのかもしれません。時代の移り変わりと
ともに変化・派生するタイカブと対比して、安定した機能美を備えた車体です。個人的にはカブである限り、どちらの
スタイルも好きなんですが、国内のカブは、そういった様々なデザイン的な制約が新しい技術を頻繁に取り込まない
ものであるため、新たな驚く可能性は隠されていません。

関連@CIA - The World Factbook -- Field Listing - Independence
カブとはかけ離れてしまいますが、CIAによると日本は2,000年以上続いている世界最古の国となっています。

日本は「流動的でありながらも普遍であり永劫的であるもの」が得意です。台風が来ては壊され、
修理する木造の建物がわかりやすい例です。自然災害などの多さが日本独自の産業や気風を生んだとも言われています。
東京大学の学長として知られる小宮山さんは、このような問題が多発する日本の環境を「課題先進国」という言葉を
用いて表現しています。

関連@永井孝尚のMM21 > 課題先進国・日本こそ、世界に貢献できる : ITmedia オルタナティブ・ブログ


1KWh発電時の窒素酸化物排出量は、米国4.8g/KWh、ドイツ1.2g/KWh、フランス7.1g/KWh。
これに対して日本はわずか0.2g/KWh
。これは、日本がモラルが高いから、という訳ではなく、
海外エネルギーに頼っていて、かつ、狭い国土のために公害病のリスクが高かったためです。
問題を解決しようと試行錯誤しているうちに、諸外国よりもずっと先に進んでしまっているのです。

日本は真っ先に高齢者社会に突入しつつありますが、他国も10年~30年程遅れて高齢化社会に
突入します。特に一人っ子政策を続けてきた中国の高齢化は、地球全体でも非常に大きな問題です。

この記事では、日本が環境技術に強い理由として「(人口に対して)狭い国土による公害病のリスク」を例に
あげています。日本は脱硫装置について優秀なのは知っていましたが、さすがに発電時のこの数値には驚きました。
また、日本がいかに世界最先端の問題を抱えているかもわかりやすいかと思います。まさに、
ピンチはチャンス、失敗そして試行錯誤を繰り返すことで実態に則した新たな解決策をもっとも早く見つけ出します。
その問題解決の手法も自然に鍛えられます。
カブのシフトチェンジ(アップもダウンも)もピッタリいくと心地よいですね。シフトは失敗してもすぐ次に挑戦でき
ます。失敗をするにしても、その際に最低限知っておくべきことは何か、カブの自動遠心クラッチの仕組みです。
失敗が想定される行為(例えばシフトチェンジ)も一つの実験と思えば良いのです。
つまり、こうしたらどう挙動するかを実際に試してみるということ。
目的までの過程に失敗があるので、いわば実験ですね。

関連@交番 - Wikipedia
日本で生まれた身近なものの一つが交番です。地域の治安維持やツーリング時などの道案内にも活用されています。
そういえば、交番にもカブが止まっていますね。予想外、カブに回帰。

さて、2速へシフトダウンして加速、カブに戻ります。
国内のカブ:普遍的な安定した機能美を備えた車体
 タイカブ:機能美と可能性を備えた車体

まぁ、どちらも基本構造は、独特なギア付き自動遠心クラッチだったり、アンダーボーンフレームだったり、
丈夫で小型な実用車だったり、17インチタイヤだったり…、似たようなもんです。
カブとは何であるかを決定付けているのはその辺でしょう。
ホンダもプレスリリースでwaveとdreamをカブタイプとしています。sonicのファミリースポーツという位置付けも
面白いですね。また、日本のカブやタイのカブの一部が前輪ブレーキに効きの緩めのドラムブレーキを採用している
のは、握力の微調整が不自由なお年寄りでも急ブレーキで転倒することなく、安心して乗れるためのユニバーサルな
年齢層向けとして、その機構が残っているのだと思います。国内のカブの需要層の一つに高齢者でも安全に操れる移
動手段として使われているのでしょう。逆に、90タイプのカブはディスク化しても良いような気がします。

そのうち、パソコンとUSBみたいなケーブルを介して、直接wave125iのFIを自分仕様にコントロールできる
ツールが出てくるのは時間の問題だと思います。ホンダが出すか、闇から出るかわかりませんが…、
そのような、カスタマイズツールが出て来てもおかしくないほどの台数が出荷され、普及しています。

関連@Honda 世界初、電子制御技術採用の次世代汎用エンジン「iGX440」を新発売


パソコンとの接続により、運転履歴などが確認でき、更に詳しい故障診断も可能。

少し古い記事になりますが、この汎用エンジンのように運転状態のロガーができるタイプもあるようです。
バイクにシガーソケットじゃなくてUSBメモリが差し込めて走行を記録できたら楽しそう。
バイクタクシーや配達用の営業車(カブ)にタコグラフや料金メーターを内蔵してみたり…。


関連@Honda タイで全ての二輪車にPGM-FIを搭載(ホンダ公式、プレスリリース)


関連@A.P. Honda - タイカブ wave125i スーパーカブ/バイクindex(当サイト内)
   └──wave125iの総インデックスページ。

---
0808追記
ホンダ 株主通信 No.138によると、カブシリーズは以下のように記載されています。

排気量49cc〜125cc、4ストローク単気筒エンジン、
エンジン型式、フレーム(低床バックボーン)、
外装(レッグシールド)、14インチ以上のタイヤ
などの条件を満たすバイク

この条件を満たすものが、いわゆるカブシリーズと言えるでしょう。


// カブとは何か カブの定義 汎用ECUでFIを自由自在に変更 課題先進都市でイノベーション カブシリーズの定義

About 2008年03月

2008年03月にブログ「SHOFOO.WEBLOG@*+」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年02月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。